CLIP-ON!ブログ

柔道整復師最後の砦は足

巻き爪は足の状態を表す一つに過ぎないと感じています。足の不調の現れであって、しかし、巻き爪の補整をする技術がなければ素早く、有効な手当が出来ないのも事実です。

様々な巻き爪補正の技術はあるものの、ただ巻き爪を上手く矯正して喜んでいるのではなくその先と申しますか、その奥にある潜伏要素にも働きかける事が出来るようにするのが理想であると思っています。

言葉の羅列になってしまいますが、上記のようなプロネーション、サピネーション、ニーイントウアウト、踵のニュートラルポジション

扁平足

靴の減り方

トラス構造、ウィンドラス機構

腸𦙾靱帯、膝蓋靱帯、膝か筋

X脚、O脚、膝のパーツ

靴の中の足のカタチ

足の計測

靴の減り方

メカノレセプター

ロッカーファンクション

爪へのメカニカルフォース

巻き爪

爪の手術

爪の構造

爪の切り方、爪の長さ、爪のカタチ

靴の構造

変形爪、爪甲こうわん症

膝の運動療法

下肢アライメント、Q角

マチワイヤー、ゴールドシュパンゲ、巻き爪ロボ、3TO、コレクティオ、B/Sスパンゲ

陥入爪

赤ちゃんの足

クリップオン

 

等々、たくさんあります。これらを総合的に理解したり、組み合わせたりしてヒトの足に貢献することが目的ではないでしょうか?
足のことは出来る限り子供の頃から理解してもらって、歩き方や靴の履き方、何故外反母趾になるのか、どんな体操が足に必要なのか、足底を強くするためには、巻き爪にならないためには、巻き爪になったらどうする、等々挙げたらきりがありません。

クリップオンはこの全てのことに対して総合的に取り組める技術構成になっています。
足は体の土台、土台の傾いた家は傾いています。体も同じ事。
歩行が出来なくなって本当に困るのは高齢者であり、高齢者が生涯を通して歩けることを目指し、高齢者の転倒が無くなることを目指して指導できる技術であると思っています。

ですから、柔道整復師だけでなく、鍼灸師の先生、理学療法士、看護師、医師、整体師、ネイリスト、エステシャンの皆様が連携して巻き爪や足の不具合に取り組んでいく必要があると思います。
ご興味のある方はドシドシお問い合わせ下さい。

#高齢者の転倒#巻き爪#巻き爪セミナー#巻き爪スクール#巻き爪治療#巻き爪矯正#爪の長さ#ウィンドラス機構#トラス構造#爪の構造