2018年02月

CLIP-ON!の実用性は?

爪の両側に補整器具が装着してあります。上下は同一の足で初回です。
エッジ部分が折れ曲がっている巻き爪は難しいのですがクリップオンならこのように出来ます。

 

クリップオンの技術セミナーを行っている、爪の塾足の塾は都心ではないにも関わらず地方都市浦和でも人が集まるのでしょうか?

それは多分実用性の高さに定評があるからであるに違いありません。

1つめには器具装着プロセスが明快
①爪の衛生処理②器具固定③補整④仕上げ。これだけを行いますから慣れた方であれば1カ所10分足らず。

補整器具は月に1回取り替えていきますが、下の写真のようにどこに器具が装着されているかわかるようにしておくことで、取り替えるときにどこまで削って良いのかが明快で、自爪を傷めることが少ないのです。

もちろん段差を削ってしまえば、どこに器具があるかは全くわかりませんから美意識の高い女性にも喜ばれます。

クリップオンの技術は実用性の高さが自慢なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実用的な巻き爪ケア、巻き爪セミナー、自費移行、フットケア、最新の巻き爪ケア、強力な巻き爪ケア、簡単な巻き爪ケア

豆知識 外出したくなくなる2大要素

ヒトが外出したくなくなる2大要素には、転倒恐怖感と失禁恐怖感があります。
皆さんもこのところの大雪で「出かけなく無いな」と感じた方も多いのではないでしょうか?

これは、若いかたでもお年寄りでも同じ事で、転倒の懸念があると外出を避ける傾向にあります。

次に多いのが、特に高齢者のお方になりますが失禁恐怖感です。これは骨盤底筋を鍛えたり、マッスルコア(横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋)を継続的に鍛えたりして対処する必要があります。

足が健全であっても、外出しなければ悪循環を生じることがあるのですね。

巻き爪だけでなく、このようなことも知っておくと良いかと思います。

図8.1.1 転倒恐怖

図9.1.4 尿失禁