CLIP-ON!ブログ

巻き爪から将来を考える

今後高齢者が一番多く増加する市町村は?

国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)』によれば、2010年から2040年の30年間で65歳以上の人口が最も増加する市区町村は、横浜市です。横浜市は、2040年の65歳以上の人口は約124万人と推計され、2010年の約74万人から約50万人も増加すると推計されています。上位20位までは、以下のとおりで大都市では今後急速に高齢者が増加し、医療機関や介護保険施設に対する需要が急増することになります。そのため、今後は首都圏を中心に医師、看護師、介護職員の不足の問題が深刻になると考えられます。

一方、地方都市では人口減少が進み、高齢化率は増加するものの高齢者の人口自体は減少する市町村があります。呉市では、65歳以上の人口が2010年の6万人から2040年には5万人と約1万人減少すると推計されています。上位10位までの市町村を表2に示しましたがこれらの市町村では深刻な人口減少の問題を抱えていると思います。

今後高齢者が増加する市町村のランキングを作成していますので、そちらも参考にしてください。

表1 65歳以上の人口が2010年から2040年までに増加する市町村の上位20位まで

順位

 

市 区 町 村

2040年

2010年

増加人口

1

14100

神奈川県横浜市

1,238,209

741,214

496,995

2

01100

北海道札幌市

683,748

393,230

290,518

3

23100

愛知県名古屋市

713,029

481,005

232,024

4

40130

福岡県福岡市

484,569

259,037

225,532

5

14130

神奈川県川崎市

454,411

240,264

214,147

6

27100

大阪府大阪市

810,394

604,756

205,638

7

11100

埼玉県さいたま市

394,935

235,360

159,575

8

04100

宮城県仙台市

348,356

194,617

153,739

9

28100

兵庫県神戸市

509,611

357,901

151,710

10

34100

広島県広島市

380,932

236,958

143,974

11

13120

東京都練馬区

281,420

138,258

143,162

12

26100

京都府京都市

471,067

340,171

130,896

13

12100

千葉県千葉市

332,845

205,941

126,904

14

13112

東京都世田谷区

273,482

160,663

112,819

15

14150

神奈川県相模原市

236,252

139,039

97,213

16

12204

千葉県船橋市

192,903

119,632

73,271

17

13123

東京都江戸川区

192,478

123,042

69,436

18

43100

熊本県熊本市

223,470

155,060

68,410

19

13111

東京都大田区

208,981

141,382

67,599

20

13201

東京都八王子市

186,951

120,432

66,519

 

巻き爪は足を見るべきであって、超高齢化社会に一石を投じヒトが一生を歩き抜けるように考えるべきではないでしょうか?

巻き爪のセラピストはその責を負い歩けるようにすることで、医療費削減、介護費用削減に繋げるべきです。