2019年09月10日

巻き爪と相撲

相撲と言えば両国国技館で秋場所の真っ最中ですね。
お相撲さんは足は特に大事で、立ち姿を見ても浮きユビの力士は一人もいません。

もし、浮きユビならば幕内にも十両にも昇進できないでしょう。

相撲で言う足指は、前さばき、後ろさばきなどあらゆるシーンで足指は踏ん張ることが必要になります。
相撲の場合にはぴょんぴょん跳ねるような動きはしなくて、すり足ですね。

かつて横綱白鳳が足の親指を骨折して2場所ほど休場しましたが、足のユビを使えないと踏ん張りがきかないのです。
親指(内足縦アーチ)は前方への動きを安定させ、小指(外側縦アーチ)は後方への安定性に関与していると言われています。
お相撲さんはしっかりと指を使っているわけで、まず、「巻き爪です」というのは聞いたことがありません。。あるとすれば爪の切り方が悪い方でしょうね。

#巻き爪スクール#巻き爪講習#巻き爪セミナー#巻き爪治療 浦和#大相撲#両国国技館