痛みについて考えよう。

痛みとは。

体が発する警報という捉え方もできます。

ここが悪いよ!ここに炎症が起きているよ!といった具合です。

体が発する最も分かりやすいサインなのですね。

 

膝が痛い・頭痛がする、、、の時に痛み止めを注射。内服する。

痛みを止めを飲む、麻酔を打つという行為。

例えるならば、火災が起きた時に火災報知器が鳴ります。

痛みを止める=火災報知器を切る。という行為にも似ています。

でも、痛みは辛いわけで、一刻も早く痛みは止めたいもの。

でも、根本の原因に対処して真の問題解決ができることが理想です。

 

巻き爪を補正すること=直接問題解決を原因から解決することです。

体の中で、原因から解決できる方法は少ないと思いませんか?

痛み止め→根治ではなく緩和。(一般的に)

虫歯を削る→根治、まさに問題解決の決定版。

巻き爪・魚の目など→虫歯と同じように問題解決として対処できます。

 

根治できること=素晴らしい手段を手に入れること

貴重な手段で、その場で解決できる技術はそうありません。

皆さんもその意味だけでも、技術を手に入れる価値があるとは思いませんか?

 

 =================================
 CLIP-ON! home page
 https://www.makizume-clip-on.com/

 巻き爪ケアセンター浦和中央
 facebook.com/makizume.urawa

 クリップオン巻き爪セミナー
 facebook.com/makizume.clip.on

 足と歩きのデイサービス
 facebook.com/noah.urawa

 シミズメディカルグループ
 facebook.com/nishiurawa
 =================================