子供の巻き爪が増えている

 

子供の足が危ない!

皆さんはこの意見いかがでしょうか?

日常的に足を見させていただいているものとして、子供の巻き爪が非常に増加傾向であると感じています。

特に学童期の低学年。

これは、紛れもなく「コロナ」で歩くことが極端に減ったことが原因であることに間違いありません。

物理的な刺激=メカニカルフォース

これが失われることにより、爪は丸くなっていきます。

ですから、歩くことが必要になってきます。

 

問題は巻き爪だけではない

巻き爪は、「足の機能が減退したことの現れの一部」ですから、子供の巻き爪は当然ながら運動機能だけにとどまらないのです。

運動量の不足は、足の機能を弱らせて、外反母趾や扁平足と言った問題を引き起こすほか、運動によって分泌される脳内ホルモン「セロトニン」も低下します。

これは自律神経を安定させるホルモンで、運動により分泌を促させますから、成長期にこらが足りない事態は非常に「精神不安」を引き起こし「パニック」や「鬱」といった状態になっていきやすくなります。

ましてや成長期となると、子供の将来に危機感を覚えてしまいます。

 

セミナーを受けるには ここをクリック

=================================
 CLIP-ON! home page


 https://www.makizume-clip-on.com/

 巻き爪ケアセンター浦和中央
 facebook.com/makizume.urawa

 クリップオン巻き爪セミナー
 facebook.com/makizume.clip.on

 足と歩きのデイサービス
 facebook.com/noah.urawa

 シミズメディカルグループ
 facebook.com/nishiurawa
 =================================