CLIP-ON!ブログ

木を見て森を見ず。

いつもこの言葉を思い出していました。いつも「巻き爪」の施術をしていて、この言葉がアタマから離れない。木を見て森を見ずーはまさに過去の自分の施術にあったと今は思っています。

施術する者は、一定の経過があって良いと思いますし、先ずは「痛みを取る」ことでヒトの足に貢献すること。キレイな仕上がりが出来て満足していただけることで良いと思います。ネイリストさん方におかれましては、当然ながら最も拘っておられる事象ですし、キレイに見せることのプロフェッショナルであるという認識ですから、それを否定するつもりは微塵もないことは強調させていただきます。逆にキレイでスマートな仕上がりは推奨させていただきたいです。しかし、足の爪も施術できるプロネイリストさんももっと増えても良いのではないかという想いもありますし、巻き爪に対処できるネイリストさんは、他のネイリストさん方とはかなりのアドバンテージが生まれることも事実です。

私の申しあげたいことは、治療家いわゆる、看護師の皆様、医師の皆様、柔整、PT、鍼灸、フットケア関係、介護関係、等々の方々であって体のことに目を向けなくてはならない方々を指します。

しかしながら、段階を経ていくと一つの疑問にぶつかります。「果たして全員の方が、巻き爪の施術でキレイを望んでいるのだろうか?」と。

確信は、「痛みは誰でも嫌であって、楽になることを望んでいる」と、いうこと。そこに、キレイを望むお方はどれくらい?と考えていました。そこで、巻き爪で弊社を頼っていただいた方にアセスメントさせていただいたところ、おおよそ7:3で「痛み重視」「なおれば何でも良い」:「キレイになればありがたいです」との回答であった。「やはり、予想通り。」施術については、「施術する側の自己満足」であってはならないというのがハッキリ解ったのです。

次に考えたことは、「爪は何故巻くのだろう?」「なぜ、魚の目は出来るのだろう?」であり、実はこの完全な答えはまだ出ていないのが現状です。巻き爪や魚の目のお方の望むこと、それは、「痛みからの解放」しかし、施術する側は痛みからの解放のみに関わっていることは、言葉が適切では無いかもしれませんが、「巻き爪やさん」であるようで、私の心中とコミットしない感覚なのです。また、なぜ爪は巻いてくるのかを研究する事が必要であると考えています。

そして、痛み等が原因で歩けない、または歩行困難になることで最も困るのは誰なのか?を考えてみました。要するに「高齢者」という皆さんも予想通りの答えかもしれません。予想通りではあるけれど、この高齢者の方々におかれましては非常に巻き爪も鶏眼も、扁平足や外反母趾も多いのです。大きなくくりで、足の不具合と「巻き爪・魚の目」の関係は密接である。と言うことも解ってきたのです。

で、あれば、治療家の方々は、足を見るべきではないか?という結論に結びつきます。まさに「木を見て森を見ず」治療家の先生方には敬服するほど大変熱心に勉強されていて、本当に私が、それらの先生方の足元にも及ばない偉大であると感じるお方は沢山おられます。ただ、「足と爪」これらを両面から探求していけるノウハウを得られる技術はクリップオンだけではないかとも思っています。「足へのこだわり」「歩行へのこだわり」「QOLを向上」「健康寿命延伸への貢献」「スポーツパフォーマンスの向上」こんな事に関わっていける技術であって、進化し続ける技術。これがクリップオンです。

この両面から「ヒトの足」を支えていける、キレイにも仕上げることの出来る技術を習得できるのは、クリップオンの強みではないかと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットケアセミナー、巻き爪セミナー、巻き爪、フットケア、講習、セミナー、爪切り、巻き爪練習会、変形爪、肥厚爪、医師、看護師、理学療法士、柔道整復師、鍼師、灸師、治療院、ネイルサロン、エステサロン、整体院#フットケアサロン、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、栃木県、八戸、盛岡、仙台、宇都宮、群馬県、前橋、高崎、埼玉県、浦和、大宮、茨城県、水戸、土浦、つくば、神奈川県、横浜、相模原、川崎、千葉、浦安、東京都、板橋、目黒、新宿、台東、渋谷、足立、葛飾、荒川、墨田、江戸川、北区、豊島、文京、千代田、中央区、品川、大田、世田谷、杉並、中野、練馬、狛江、調布、三鷹、武蔵野、西東京、小金井、小平、東久留米、清瀬、東村山、東大和、立川、国分寺、国立、武蔵村山、昭島、稲城、多摩、町田、日野、八王子、瑞穂、青梅、羽村、日の出、あきるの、檜原、奥多摩、千葉、新潟、山梨、静岡、浜松、ライセンスセミナー、ライセンス講習会、ネイルエイドマイスター、フットエイドマイスター、フットケアスペシャルマイスター、クリニック、皮膚科、形成外科、病院、整骨院#接骨院、フットケアサロン、鍼灸院、整体院、美容室、理容室、、デイサービス、介護施設、リハビリテーション、外科、整形外科、魚の目、胼胝、鶏眼、角質、外反母趾、扁平足、開帳足、オーダーメードインソール、トリッシャム、シューフィッター、デイサービス、介護施設、靴販売、オーダー靴、講習、セミナー、巻き爪練習会、巻き爪最新特許、最新巻き爪補正、ネイル用品販売、ネイルツール販売、3TO、BS/スパンゲ、マチワイヤー、コレクティオ、インベントプラス、爪水虫、白癬菌、巻き爪ロボ、VHO、弾性ワイヤー、巻き爪クリップ、巻き爪グリップ、巻き爪セミナー関西、巻き爪セミナー大阪、巻き爪セミナー京都、巻き爪セミナー名古屋、巻き爪セミナー福岡、巻き爪セミナー九州、巻き爪セミナー四国、巻き爪セミナー甲信越、巻き爪セミナー関東、巻き爪セミナー中部、巻き爪セミナー仙台、巻き爪セミナー北海道、整体セミナーフットケアセミナー1日完結セミナー、フットケアセミナー、1DAYセミナー、巻き爪セミナー、東京、品川、上野、池袋、新宿、浦和、大宮、川越、千葉、神奈川、相模原、横浜、川崎、栃木、佐野、宇都宮、長野、山梨、群馬、高崎、前橋、茨城、水戸、つくば、新潟、仙台、宮城、整体セミナー、大阪、名古屋、京都、新大阪、神戸、志木、新座、和光、富士見、春日部、岩槻、越谷フットケアセミナー、巻き爪セミナー

予防事業で講演させていただきました。

昨日に引き続き、さいたま市浦和区の予防事業、元気アップセミナーにて講師をさせていただきました。題名は「がに股が日本をダメにする」で、難しい言い方をすると、ロッカーファンクションのチェックと修正、マルアライメントの修正。その他。についてでお話しさせていただきました。

ロッカーファンクションの中でも、フォアフットロッカーについてを特に重点的にお話しさせていただき、殿筋のチェック等、がに股対策をわかりやすく、専門用語は使わずに講演してきました。

実演有り、テスト有り、笑いありの一時間で有意義に行えたのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットケアセミナー、巻き爪セミナー、助成金活用、キャリアアップ、社員教育

フットケアセミナーとロッカーファンクション

巻き爪のセミナークリップオンでは、巻き爪や陥入爪の講習ばかりでなく、足についてのセミナーも行っています。

その一つの中に、ロッカーファンクションについてと言う項目がありますが、これは歩行について非常に重要なキーワードとなります。ロッカーファンクションには3つに分けられて、①ヒールロッカー②アンクルロッカー③フォアフットロッカーがあります。

①②③はそれぞれ立脚初期、中期、後期にあたるものです。

①ヒールロッカー・これの主な作用は衝撃吸収であり、爪先が下がらないように前脛骨筋が働きます。

②アンクルロッカー・重心が最も低い場所から体を持ち上げると言った作用で働きます。

③フォアフットロッカー・わかりやすく言うと蹴り出しです。腓腹筋、ヒラメ筋が萎縮している場合にはうまく歩行できずに代償運動が起こります。このフットケアセミナーでは大変重要なところになります。いわゆる「がに股」の形成に深く関わっていて、巻き爪や魚の目の原因になりうる項目です。「なぜ、それが魚の目や巻き爪に関係あるの?」と思った方は是非一緒に「巻き爪を含めたフットケアをしましょう!」

 

皆さんも、爪は足の一部です。足を知ることによって巻き爪も違って見えてきます。クリップオンでは足についての知識も重要視して、より専門性を高めたいと考えています。「巻き爪やさん」ではなく「フットケア専門家」として社会で貢献してみたくはありませんか?

柔道整復師、鍼師、灸師が今しなくてはならないこと、その理由は?

柔道整復師、鍼師、灸師の東洋医学系国家資格者が今しなくてはならないことがあると強く感じています。ハナシはさかのぼりますが、二十数年前~三十年前前後に介護保険法が制定される前、介護についての骨子、草案の時点においてその案は「ゴールドプラン」と言われ各界より注目を集めていました。

しかし、現実は柔道整復師、鍼師、灸師(以下鍼灸師とさせていただきます。)はいつの間にかゴールドプランからは締め出され、柔道整復師に至っては「機能訓練」については担当できることとなり、鍼灸師に至っては一切の居場所が無くなりました。

介護保険施行から10年以上が経過をしましたが現状はどのようになっているのでしょう。介護予防運動指導員という資格があります。

 

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター〒173-0015 東京都板橋区栄町35番2号03(3964)3241

 

受講対象者

 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、介護支援専門員、健康運動指導士等、介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護員2級以上で実務経験2年以上の方、実務者研修修了者、初任者研修修了者で実務経験2年以上の方、および上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)

講習内容と時間

科目・講座名

形式

時間

主な内容

介護予防概論

講義

0.75

高齢化社会における介護予防の必要性と社会的意義

介護予防評価学

講義

1.5

包括的介護予防健診の理論と実際

実習

1.5

介護予防統計学

講義

1.5

データベース構築と個人情報管理

行動科学

特論(講義)

1.5

行動科学の理論と行動変容のメカニズム

リスクマネジメント

講義

1.5

リスク予防と顕在化した後の対応

高齢者筋力向上
トレーニング

特論(講義)

1.5

虚弱高齢者の理解と高齢者筋トレの実際

実習

10.5

転倒予防

特論(講義)

1.5

転倒・骨折の理解と転倒予防の方法論

プログラム実習

1.5

失禁予防

特論(講義)

1.5

失禁の理解と失禁予防の方法論

プログラム実習

1.5

高齢者の栄養改善活動

特論(講義)

1.5

高齢者の栄養改善活動の理解と方法論

口腔機能向上

特論(講義)

1.5

口腔機能向上の方法論

認知症予防

特論(講義)

1.5

認知症の理解と認知症予防の方法論

うつ・閉じこもり

特論(講義)

0.75

高齢者のうつに対する理解と早期発見・予防プログラム

合計

31.5

 

 

この資格を持つことによって、運動訓練加算を加算できるというものです。この資格を取得して介護部門に勤務する東洋医学系国家資格者も増加してはいるようです。キチンとその点については整備されて考えていただいているようです。

が、しかし

上記は介護の現場での立場であって、整骨院や治療院において介護対象者に~~ができる、と言うものではありません。私も柔道整復師の資格、鍼灸師の資格、介護予防運動指導員の資格を持っている者からすると、「東洋医療系の国家資格者は、高齢化社会になにが出来るのか?」を考えました。

整骨院や接骨院、治療院には、患者さんは主に徒歩で通ってきます。または、自転車であったり、バイクであることが殆どでしょう。介護部門においては「送迎」というシステムをご存じでないお方も少なく無いと思いますが、余程体力に自信があったり、健脚でない限り、介護認定のおりているお年寄りは「送迎」のあるシステムに傾倒するに違いないのです。

整骨院、治療院と通所介護ではその領分こそ違いますが、「ケガ」をしていても、通所介護と接骨院を両方通うことはまずしないように思います。なぜならば、介護認定調査の際にお世話になった医師が「意見書」を発行してくれますから、少なくともその意見書を書いていただいた先生に通うことが圧倒的に多いのです。

上記の状況からも、柔道整復師、鍼灸師は歩いて健康でいるための社会貢献、真に歩くことで健康に暮らせるためのサービス提供と「知識武装、技術武装」が必要であると感じているのです。

お叱りを受ける可能性もありますが、巷において整骨院で明らかに「日銭稼ぎかな?」と思えるような広告や宣伝を見かけることがあります。もちろんそこには、「痛みを取ることで患者さんの問題解決」に貢献することであったり、「想い」が存在することと思っては居ますが、「痛み」に対してのアプローチで良し!とするのであれば、「医師」に委ねるべきではないでしょうか?

私は、もちろん「痛み」へのアプローチは大切ではあるけれども、そこに表面化した「巻き爪」という問題は、単なる巻き爪にあらず、足の問題や膝の問題、もっと言うならば骨盤、歩行に問題のある「結果」であるように思います。ですから、「靴のこと」「歩行のこと」「足の科学」「インソールや足底版」「筋力強化」「足の病理」「巻き爪」「魚の目」等等に詳しくなるべきであって、もちろん接骨院や治療院では自費にはなりますが、患者さんが「これは、自分にとって有意である!」というふうに感じていただく事が大変重要であり、整骨院に通う理由付けになり、ヒトが健康に歩行することによって「健康寿命に貢献」し、社会に貢献する、高齢者の問題解決の一助となり、我々の新たな社会貢献の方法となりうることを強く感じているからなのです。

追記 実はこの足のこと、巻き爪や魚の目に関する技術は高齢者のみでなく、アスリートや学生の運動能力向上に大きくかかわっていける技術であることも併せて強調させていただきます。

クリップ法のクリップオン セミナー日程 残席数確認

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットケアセミナー、巻き爪セミナー、巻き爪、フットケア、講習、セミナー、爪切り、巻き爪練習会、変形爪、肥厚爪、医師、看護師、理学療法士、柔道整復師、鍼師、灸師、治療院、ネイルサロン、エステサロン、整体院#フットケアサロン、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、栃木県、八戸、盛岡、仙台、宇都宮、群馬県、前橋、高崎、埼玉県、浦和、大宮、茨城県、水戸、土浦、つくば、神奈川県、横浜、相模原、川崎、千葉、浦安、東京都、板橋、目黒、新宿、台東、渋谷、足立、葛飾、荒川、墨田、江戸川、北区、豊島、文京、千代田、中央区、品川、大田、世田谷、杉並、中野、練馬、狛江、調布、三鷹、武蔵野、西東京、小金井、小平、東久留米、清瀬、東村山、東大和、立川、国分寺、国立、武蔵村山、昭島、稲城、多摩、町田、日野、八王子、瑞穂、青梅、羽村、日の出、あきるの、檜原、奥多摩、千葉、新潟、山梨、静岡、浜松、ライセンスセミナー、ライセンス講習会、ネイルエイドマイスター、フットエイドマイスター、フットケアスペシャルマイスター、クリニック、皮膚科、形成外科、病院、整骨院#接骨院、フットケアサロン、鍼灸院、整体院、美容室、理容室、、デイサービス、介護施設、リハビリテーション、外科、整形外科、魚の目、胼胝、鶏眼、角質、外反母趾、扁平足、開帳足、オーダーメードインソール、トリッシャム、シューフィッター、デイサービス、介護施設、靴販売、オーダー靴、講習、セミナー、巻き爪練習会、巻き爪最新特許、最新巻き爪補正、ネイル用品販売、ネイルツール販売、3TO、BS/スパンゲ、マチワイヤー、コレクティオ、インベントプラス、爪水虫、白癬菌、巻き爪ロボ、VHO、弾性ワイヤー、巻き爪クリップ、巻き爪グリップ、巻き爪セミナー関西、巻き爪セミナー大阪、巻き爪セミナー京都、巻き爪セミナー名古屋、巻き爪セミナー福岡、巻き爪セミナー九州、巻き爪セミナー四国、巻き爪セミナー甲信越、巻き爪セミナー関東、巻き爪セミナー中部、巻き爪セミナー仙台、巻き爪セミナー北海道、整体セミナーフットケアセミナー1日完結セミナー、フットケアセミナー、1DAYセミナー、巻き爪セミナー、東京、品川、上野、池袋、新宿、浦和、大宮、川越、千葉、神奈川、相模原、横浜、川崎、栃木、佐野、宇都宮、長野、山梨、群馬、高崎、前橋、茨城、水戸、つくば、新潟、仙台、宮城、整体セミナー、大阪、名古屋、京都、新大阪、神戸、志木、新座、和光、富士見、春日部、岩槻、越谷フットケアセミナー、巻き爪セミナー、助成金活用、キャリアアップ、社員教育

起業、独立,+1の技術取得なら信頼のクリップオン

クリップオンのロゴマークには10個の爪を配してあります。またその内側にも10個の爪があり、更にその内側にも小さな爪が配されています。つまりは、どのような爪にも対応できる技術で、シンプルにキレイに施術できることを意味してございます。最新巻き爪補正器具特許取得。

 

「巻き爪ビジネス」ではなく「足健康ビジネス」であるべき。

 

 

私どもでは、起業・独立・開業についての支援を行っています。女性起業家のお方も増えていますし、毎日のように私どもへのお問い合わせをいただいています。ただ、「巻き爪」だけとしての起業ではなく、「足のための」業務であであることも大切な要素であると考えています。

クリップオンは、どなたでもわかりやすく理解できるセミナーです、技術も直感的に作業できるシンプルさの中に奥行きのある技術になっていますので、多くの方々から好評です。

また、現在行っている業務に+1の技術を得ることで2倍3倍の業務拡大や業務視野に広がりが持てると好評をいただいています。特に「フットケアコース」の講習においては足の構造等についても行っており「なるほど」と思っていただける内容になります。

 

 

セミナー風景です。

 

正直に申しあげると、単に「巻き爪」に限って「施術できますよ。」というのは求められている事柄にコミットメントしていないように思えてならず、「なぜ巻き爪になるのか」を少なくとも施術する側は考えるべきであるとも思っています。

そして施術する側は、「巻き爪」について、足の不健康、不健全な状態に起因していたり、関係していることを認めるべきでその状態を排除して出来る限り健全な状態へと導く責任も生じていると感じています。

 

 

ダヴィンチの言葉 足は人間工学上最大の傑作であり、最高の芸術作品である。

 

 

私はこの言葉からも、「爪は足の一部であり、爪に困る者、足を見るべき。」と思っています。

 

ゆえに、「巻き爪ビジネス」ではなく、「足健康ビジネス」として始めるべきである。と思っています。

 

この両者のどちらのマインドを胸に持っていくのか、このマインドを持った技術か、持っていない技術か、また技術者としてどう考えていくかによって、5年10年先には大変大きな違いになることを確信しています。

 

求められることにコミットできる技術であること、施術する側が研究心を持って続けて行ける技術でなければならないと考えています。

 

丸くなった爪(まき爪)を単に整えて行く作業を淡々と行っていると、はじめは「こんな風に出来て満足!」と思うものです。ある程度経過すると「どうしてこうなってしまうのか?」「根本から改善する方法があるのではないのか?」という疑問が生じてしまうことは明らかです。私見ですが、施術する側には、第一段階として「まきづめで、痛みのある方を救いたい」という気持ちであると思います。第二段階として「どうしたらキレイに施術を行うことが出来るのか?」であり、これが上手く行っていると、非常に施術する側は充実感があります。第三段階として、「何故巻き爪になるのか?」「巻き爪や魚の目、外反母趾、扁平足には共通項があり、根本改善策があるのではないか?」と、特に治療家の先生方は感じるようですし、感じなくてはならないと思っています。

どこまでするか?は、状況判断にもよりますが、そこにアプローチできるのか、出来ないのかは大きな違いであると考えます。全てのお方に同じようにとは言いませんが、巻き爪の施術に対しては、丸くなったものを単に平らにすると言うことではなく、その一歩先に通じる考え方や、技術を持っていることは大きな違いになることは間違いないと感じています。クリップオンではフットケアのセミナーでこの部分について濃厚に触れていきます。

ですから、フットケアや歩行についても学ぶべきで、行えるべきですし、クリップオンにはその環境が整っています。また、「ネイルサロン業務」「フットマッサージ」の業務も併せてこなせるようにしていくことが大変重要な要素であるように感じます。

また、超高齢化社会に置かれた状況の中にあって、巻き爪を含めた「フットケア業務」におきましては、「ヒトが生涯を健康に歩き抜けるように」という思いもございますし、それに対して足のケアで貢献できることは周知の事実であり大変素晴らしい事であると考えます。

肥厚爪や変形爪、魚の目、胼胝の処置、外反母趾や扁平足なども含めて行えるまたは知っているべきではないでしょうか?

 

巻き爪・フットケアのクリップオンでの独立、起業形態は主に3つ

①巻き爪、フットケアサロンとしての独立(ネイルサロン業務含む)

②巻き爪、フットケアサロン+巻き爪、フットケアスクール(ネイルサロン業務含む)

③院内併設・院内科目増設(皮膚科等クリニック・整骨院・訪問看護等含む)

としての独立、起業、科目追加等の多彩な開業が可能で、フレキシブルに対応できるものとなっています。

 

 

代表は巻き爪の講習だけでなく、講演依頼があれば、巻き爪や魚の目、足のことを交えて、「生涯健康に歩く重要性」「フットケアとはどういうものか?」などを講演して医療費削減や介護費用の削減、寝たきり撲滅運動を行っています。

巻き爪や魚の目、扁平足、外反母趾などは、足の不具合や不健全な結果であることを直視する事から見直していく必要ががあるのですね。

 

 

クリップオンでは、これらを全て行える「フットケアスペシャルマイスター」という資格を発行していこうと考えています。賛同していただけるお方にはぜひ        「共に学び、共に成長」させていただきたいと思っています。そして、単に「日銭稼ぎ」の巻き爪やさんではなく、巻き爪やフットケアを行うことで社会に貢献できる独立起業を考えていただきたいと強く感じるところでございます。

クリップオンで出来ることは、巻き爪の技術 陥入爪の技術 割れ爪、肥厚爪、変形爪、人工爪の技術 鶏眼、胼胝に対する技術(安全なコーンカッターの扱い方、安全な鶏眼ドリルの使い方を含めて)、足と歩行、靴についての知識等です。そして、技術を採り入れていただく方の立場に立って、クイックに安全にシンプルにを心がけていきます。

この豊富な技術が4つの講座で取得できるように設定してあります。どうぞ、下記リンクより申込又はお問い合わせをください。技術者が生涯を通して関わっていける技術を4つの講座で手に入れることが出来るとしたらいかがでしょう? 

 

 いま、すぐに、この技術を手に入れるべきです。クリップオンは他社の技術を持った方でも大歓迎です。むしろ良く比べてみて下さい。(受講費用が割引になる特典付き TYPE-Bセミナー

 

 

http://www.makizume-clip-on.com/contents/1516/

http://www.makizume-clip-on.com/contents/946/

起業支援、独立起業、フランチャイズ 、足健康ビジネス

クリップ法のクリップオン受講キャンペーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー、講習、足健康ビジネス、お家サロン、巻き爪、フットケア、メディカルフットケアフットケアセミナー、巻き爪セミナー、巻き爪、フットケア、講習、セミナー、爪切り、巻き爪練習会、変形爪、肥厚爪、医師、看護師、理学療法士、柔道整復師、鍼師、灸師、治療院、ネイルサロン、エステサロン、整体院#フットケアサロン、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、栃木県、八戸、盛岡、仙台、宇都宮、群馬県、前橋、高崎、埼玉県、浦和、大宮、茨城県、水戸、土浦、つくば、神奈川県、横浜、相模原、川崎、千葉、浦安、東京都、板橋、目黒、新宿、台東、渋谷、足立、葛飾、荒川、墨田、江戸川、北区、豊島、文京、千代田、中央区、品川、大田、世田谷、杉並、中野、練馬、狛江、調布、三鷹、武蔵野、西東京、小金井、小平、東久留米、清瀬、東村山、東大和、立川、国分寺、国立、武蔵村山、昭島、稲城、多摩、町田、日野、八王子、瑞穂、青梅、羽村、日の出、あきるの、檜原、奥多摩、千葉、新潟、山梨、静岡、浜松、ライセンスセミナー、ライセンス講習会、ネイルエイドマイスター、フットエイドマイスター、フットケアスペシャルマイスター、クリニック、皮膚科、形成外科、病院、整骨院#接骨院、フットケアサロン、鍼灸院、整体院、美容室、理容室、、デイサービス、介護施設、リハビリテーション、外科、整形外科、魚の目、胼胝、鶏眼、角質、外反母趾、扁平足、開帳足、オーダーメードインソール、トリッシャム、シューフィッター、デイサービス、介護施設、靴販売、オーダー靴、講習、セミナー、巻き爪練習会、巻き爪最新特許、最新巻き爪補正、ネイル用品販売、ネイルツール販売、3TO、BS/スパンゲ、マチワイヤー、コレクティオ、インベントプラス、爪水虫、白癬菌、巻き爪ロボ、VHO、弾性ワイヤー、巻き爪クリップ、巻き爪グリップ、巻き爪セミナー関西、巻き爪セミナー大阪、巻き爪セミナー京都、巻き爪セミナー名古屋、巻き爪セミナー福岡、巻き爪セミナー九州、巻き爪セミナー四国、巻き爪セミナー甲信越、巻き爪セミナー関東、巻き爪セミナー中部、巻き爪セミナー仙台、巻き爪セミナー北海道、整体セミナーフットケアセミナー1日完結セミナー、フットケアセミナー、1DAYセミナー、巻き爪セミナー、東京、品川、上野、池袋、新宿、浦和、大宮、川越、千葉、神奈川、相模原、横浜、川崎、栃木、佐野、宇都宮、長野、山梨、群馬、高崎、前橋、茨城、水戸、つくば、新潟、仙台、宮城、整体セミナー、大阪、名古屋、京都、新大阪、神戸、志木、新座、和光、富士見、春日部、岩槻、越谷

最新巻き爪セミナー クリップオンお申し込み

足健康ビジネスとは?↓

起業支援、独立起業、フランチャイズ 、足健康ビジネス

クリップオン受講申込←ここをクリック

 

受講をお申し込み希望のお方は、上記PDFに記入の上FAXにてお申し込み下さい。こちらからご連絡させていただきます。

日程につきましては下記日程を参照下さい。

クリップオン セミナー日程 残席数確認

足の健康ビジネスがなぜ必要で有意なのか?

「上履きの踵を踏んではいけません!!」このように叱られたことはありませんか?何故いけないのでしょう?

とある女子高校196名について外反母趾について計測を実施されたお方がいます。結果48%が異常値を示しうち、8.2%が重傷値を示し健常値は7.6%であったそうです。(外反母趾角25度以上を異常値として10度以下を健常値、2015ナイチンゲールスピリット連盟、フィートデザイン社調べ、足の大学より抜粋)

要するに、足の脆弱さ、足の不具合、つきつめれば、扁平足、外反母趾、巻き爪、魚の目、これらが加速すれば膝の痛み、腰の痛みであったり運動制限へと繋がっていきます。ここまでで察しはつくと思いますが、運動制限は全身への影響も懸念されることであると考えられます。これは明らかに「健康寿命の低下」に結びつくばかりでなく、スポーツマンのパフォーマンス低下へとつながるものです。 「健康は足元から」「体の衰えは足から」は本当であると思います。

学校では教えてくれない!

先ほどの、上履きの踵を踏んではいけない理由。・・・私は行儀が悪いから、、、と教えられましたし、学校の先生に問いかけたこともありますが全員同じ答えでした。決して間違えではありませんが、私はここに、「足のゆびや足裏の筋肉を使いづらく、足を悪くしやすいから。」も付け加えていただきたいと考えています。そして足についての教育もすべきであると考えています。

日本の人口を1億2000万とした場合、およそ8400万人、約70%の方足に何らかの悩みを抱えていると言われています。この統計から考えれば、足に問題を抱える約半数以上は就労するまでにある程度の足の悪い部分が形成されてしまうと言っても過言ではありません。

巻き爪や魚の目は、足が不健康環境に置かれた結果です。クリップオンは「巻き爪ビジネス」でなく「足健康ビジネス」をお伝えしていきたいのです。

あなたの周りには、足の専門サロンどれくらいありますか?(巻き爪・魚の目・外反母趾・扁平足・歩行能力向上・スポーツパフォーマンス向上などをしてくれる専門サロン)フットケアとは単なる足のマッサージ・リフレクソロジーとは異なります。

理容店120,000件 美容室230,000件 美容関係のみで350,000件

整骨院37,997院 ネイルサロン22,000件

足をトータルで改善できる専門サロンは?→まだ殆ど無いのが現状です。

巻き爪にアプローチするサロン等はありますが、足のトータルケア、足の健康ビジネスは殆ど無いため、また、求められている今だからこそチャンスがあります。しかし、チャンスは掴もうとしなければ、決して掴めません。誰にでも、「なにかを掴もうと必死に手を伸ばす。」そんな経験はありませんか?私も同じようにその気持ちを忘れずに持ち続けています。

CLIP-ON!なら、導入費用、リスクも少なく創業できる技術です。すぐそこに届く位置にあります。なぜならば、それを掴んでからの方が大切なのです。そして多くの方に採り入れていただき、多くのお方のお役に立てるようにしていただきたいのです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、足健康ビジネスは、健康寿命に貢献し、医療費削減、介護費用削減の一助となることが可能です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットケアセミナー、巻き爪セミナー、巻き爪、フットケア、講習、セミナー、爪切り、巻き爪練習会、変形爪、肥厚爪、医師、看護師、理学療法士、柔道整復師、鍼師、灸師、治療院、ネイルサロン、エステサロン、整体院#フットケアサロン、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、栃木県、八戸、盛岡、仙台、宇都宮、群馬県、前橋、高崎、埼玉県、浦和、大宮、茨城県、水戸、土浦、つくば、神奈川県、横浜、相模原、川崎、千葉、浦安、東京都、板橋、目黒、新宿、台東、渋谷、足立、葛飾、荒川、墨田、江戸川、北区、豊島、文京、千代田、中央区、品川、大田、世田谷、杉並、中野、練馬、狛江、調布、三鷹、武蔵野、西東京、小金井、小平、東久留米、清瀬、東村山、東大和、立川、国分寺、国立、武蔵村山、昭島、稲城、多摩、町田、日野、八王子、瑞穂、青梅、羽村、日の出、あきるの、檜原、奥多摩、千葉、新潟、山梨、静岡、浜松、ライセンスセミナー、ライセンス講習会、ネイルエイドマイスター、フットエイドマイスター、フットケアスペシャルマイスター、クリニック、皮膚科、形成外科、病院、整骨院#接骨院、フットケアサロン、鍼灸院、整体院、美容室、理容室、、デイサービス、介護施設、リハビリテーション、外科、整形外科、魚の目、胼胝、鶏眼、角質、外反母趾、扁平足、開帳足、オーダーメードインソール、トリッシャム、シューフィッター、デイサービス、介護施設、靴販売、オーダー靴、講習、セミナー、巻き爪練習会、巻き爪最新特許、最新巻き爪補正、ネイル用品販売、ネイルツール販売、3TO、BS/スパンゲ、マチワイヤー、コレクティオ、インベントプラス、爪水虫、白癬菌、巻き爪ロボ、VHO、弾性ワイヤー、巻き爪クリップ、巻き爪グリップ、巻き爪セミナー関西、巻き爪セミナー大阪、巻き爪セミナー京都、巻き爪セミナー名古屋、巻き爪セミナー福岡、巻き爪セミナー九州、巻き爪セミナー四国、巻き爪セミナー甲信越、巻き爪セミナー関東、巻き爪セミナー中部、巻き爪セミナー仙台、巻き爪セミナー北海道、整体セミナーフットケアセミナー1日完結セミナー、フットケアセミナー、1DAYセミナー、巻き爪セミナー、東京、品川、上野、池袋、新宿、浦和、大宮、川越、千葉、神奈川、相模原、横浜、川崎、栃木、佐野、宇都宮、長野、山梨、群馬、高崎、前橋、茨城、水戸、つくば、新潟、仙台、宮城、整体セミナー、大阪、名古屋、京都、新大阪、神戸、志木、新座、和光、富士見、春日部、岩槻、越谷

魚の目の施術 コーンドリル編2

コーンドリルを使用した施術は充分な訓練をする必要があり、上級編に位置する技法です。施術する側は様々な状況を判断し運用しなければなりません。ネイルサロンや、エステサロン、クリニック、看護師さんや介護の現場などでお役に立てる技術です。

クリップオンでは訓練もしっかりと積んでいただけるように教材も揃えています。

安全に魚の目の除去が出来るようにしていきましょう。

また、クリップオンのフットケアではどうして鶏眼が出来るのか?胼胝ができてしまうのか?巻き爪になってしまうのか?その原因を知ることから、それに対してどのようにすればよいのかまでを含んだセミナーにしています。また、技法としては肥厚爪、変形爪に対するアプローチも行えるような内容にしており、訪問看護や看護師さん、介護関係者の皆様までを視野に入れた講習内容になっています。

http://www.makizume-clip-on.com/contents/1516/