CLIP-ON!ブログ

日本に物がない!

日本に物がない。正確に言うと物が作れない。もっと言うと作れる技術はあるけれどコストがかかるから作らない。

私は巻き爪クリップオンの開発者なので、受講者さんに良い物を安く使っていただけるように心がけていますが、そのため出来る限り国内調達を目指しています。
どうしても無いモノは海外に頼らざるを得ず、出来る限りクオリティーの高い物を提供することを心がけています。

弊社で言うと、補整器具、接着ジェル、ニッパー、ネイルマシンこれだけは絶対に国内産でないと。
特にニッパーは海外物とは雲泥の差。
他社では利益率を上げるため、ジェルをマレーシア、台湾。ステンレス器具を中国、のようにしているようですがハッキリ言って粗悪。
色々な問題が起きているようです。

なぜ国内で物がないのかと言えば、昨今耳にする「働き方改革」であったり「労働基準法案」だったりが大きくウェイトを占めていると思う。
本当に必要なのは「働き方改革」ではなく「働かせ方改革」に思えて仕方ない。
労働基準法も同様で、大企業も零細企業も同じ条件では成り立たず、世の中の社長さんは疲弊しきっているように思う。

物作り日本を復活させるにはこのあたりの改革も必要なのは必須であるように思う。

子年が皆様に実りある歳になりますように。