CLIP-ON!ブログ

健康歩行・健康寿命に寄与するために

ごくごく、小さな自治会館で約20名の方々を対象に約70分の足についての講演を行わせていただきました。内容は、巻き爪と足のアライメントなどの機能評価を交えての内容です。大変熱心に静聴いただき感謝感謝です。公演後には数名の方に囲まれ、熱心な質問を受けました。皆さん足のことへの関心が高まっていることを肌で感じると同時に、単に「巻き爪」ではなく、健康歩行やそれらによって、健康寿命に繋がっていくことを実感していただけてきている手応えを感じました。

やはり、最終的に困っておられるのは、高齢者の方々の足。体力的に充実している内は、さほど不自由を感じないのでしょうが、高齢になり歩行がおぼつかなくなった場合には、相当の不安感を持っておられる方々が多いことに驚かされます。

ただ、色々な理由から本当の意味で、足の悪い方を無くしていくためには、学童期頃より「足育」をするべきであると考えています。川口済生会病院の高山かおる医師などは積極的に学童への「足育」を行っていらっしゃって、頭の下がる想いです。実は私も某小学校での講演活動を予定していたことがありますが、「池田小学校事件」で立ち消えた経緯があります。子供からの足育教育は大変重要ですね。

巻き爪にたづさわっていらっしゃる方々は、ヒトの歩行についても考えていくべきですね。

これからも、公民館レベル、自治会館レベルでの講演活動を頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演活動、足ネタ、足記事、巻き爪記事、足育、健康歩行、健康寿命、巻き爪施術者、フットケア、助成金活用、キャリアアップ、社員教育