CLIP-ON!ブログ

フットケアセミナーとロッカーファンクション

巻き爪のセミナークリップオンでは、巻き爪や陥入爪の講習ばかりでなく、足についてのセミナーも行っています。

その一つの中に、ロッカーファンクションについてと言う項目がありますが、これは歩行について非常に重要なキーワードとなります。ロッカーファンクションには3つに分けられて、①ヒールロッカー②アンクルロッカー③フォアフットロッカーがあります。

①②③はそれぞれ立脚初期、中期、後期にあたるものです。

①ヒールロッカー・これの主な作用は衝撃吸収であり、爪先が下がらないように前脛骨筋が働きます。

②アンクルロッカー・重心が最も低い場所から体を持ち上げると言った作用で働きます。

③フォアフットロッカー・わかりやすく言うと蹴り出しです。腓腹筋、ヒラメ筋が萎縮している場合にはうまく歩行できずに代償運動が起こります。このフットケアセミナーでは大変重要なところになります。いわゆる「がに股」の形成に深く関わっていて、巻き爪や魚の目の原因になりうる項目です。「なぜ、それが魚の目や巻き爪に関係あるの?」と思った方は是非一緒に「巻き爪を含めたフットケアをしましょう!」

 

皆さんも、爪は足の一部です。足を知ることによって巻き爪も違って見えてきます。クリップオンでは足についての知識も重要視して、より専門性を高めたいと考えています。「巻き爪やさん」ではなく「フットケア専門家」として社会で貢献してみたくはありませんか?