2019年08月06日

巻き爪と爪水虫

巻き爪と爪水虫は関係性があります。
爪水虫のお方は爪の肥厚、丸くなり巻き爪になっていきます。ココで爪水虫について深く触れることはしませんが、簡単に説明すると※白癬菌が何らかの原因で爪に感染して広がってしまいます。すると、爪は厚くなり丸みを帯びてきます。

つまりは、巻き爪の前に詰め水虫を治療しなければ巻き爪の問題は解決しないことになります。
クリップオンでは、見た目が通常の爪と異なる場合には先に皮膚科の先生又は形成外科の先生を受診するよう働きかけることを推奨しています。
これは、簡単なことですね。

そうしなければ、延々と巻き爪の補正をしていく、又は再発を繰り返してしまいます。
ですから、私たちは巻き爪にならないこと、再発しないこと、しっかりと歩けることもこの巻き爪補正を習っていただいた方達にも実践して欲しいと感じています。

ただ、困ったことに爪水虫の特効薬である「クレナフィン」とインターネットで検索するとちょっと違うハーブやら、漢方やらで爪水虫に効く様なことを標榜している商品がヒットします。
ガッツリ感染した爪水虫は簡単には治りませんので、必ず専門医にてみてもらうことをオススメします。
但し、肥厚が3ミリ以上になるとお薬が浸透しにくいとも言われていますからこれも悩みの種ではあります。

巻き爪、爪水虫、巻き爪補正スクール、巻き爪 セミナー、巻き爪講習、巻き爪治療